大腸がん治療と副作用について

大腸がん治療の基本は手術です。病気のひろがり(ステージ)の評価をもとに、再発の危険性はできるだけ低く、かつ手術後快適に過ごせるように切除範囲を決めて手術が行われます。ただし、全身状態や持病により手術ができない場合、病気のひろがり具合が切除できる範囲を超えているときには、抗がん剤や放射線療法といった別の治療を検討します。あくまで抗がん剤や放射線療法は症状を和らげたり、がんを小さくして手術につなげられるように行う治療です。

大腸がんの治療はガイドラインがあり、基本的にはガイドラインに従って治療の選択肢や手術の範囲が決まっています。しかしどの治療を選択しても、すべての治療にはメリットとデメリットがあります。病院で治療方針の説明を受けるときには、自分の病気はどの範囲にあって、なぜその治療法がよいのか、その治療のメリットとデメリット、その治療以外の選択肢があるのかないのかを聞くことが重要です。

大腸がんの主な治療法

大腸がん治療の基本は手術です。何らかの理由で手術が受けられない場合にはそのほかの治療方法が検討されます。大腸がんの治療に関するガイドラインは2つあり、1つは日本で作られた大腸癌治療ガイドライン、もう1つは世界で広く利用さえているNCCNガイドラインです。ここでは日本人のために作成された大腸癌治療ガイドラインをもとに紹介します。

手術のメリットとデメリット

手術は大腸がん治療の基本です。手術の前に病気のひろがり具合をきちんと評価して切除範囲を決めます。広い範囲を切除すればがんの再発の危険性は低下しますが、手術後の生活の不便が増えます。逆に必要よりも狭い範囲しか切除しなかった場合は、その後の再発の危険性が上がります。そのため過不足なく切除できるようにガイドラインが決められており、がんの深さやどのリンパ節まで転移しているか、ほかの臓器に転移があるかどうかによって切除する範囲が決まります。

手術は大きく分けて、大腸カメラで大腸の内側からがんを取り除く内視鏡手術、腹壁に小さな穴を数か所開けて器具を挿入して行う腹腔鏡手術、お腹を開いて行う開腹手術がありますが、ここでは一般的な開腹手術のメリット・デメリットについて説明します。

開腹手術のメリット

大腸がん治療の手術の一番のメリットは病変を取り出すことにより、より細かい病気の評価と治療の効果がわかる点です。後で述べる抗がん剤や放射線療法の場合、治療が効いているかどうかはCTやPETなどの画像検査で評価を行いますが、逆に言えば画像で見えない大きさの病気については評価できないということになります。

しかし手術の場合は、病気がひろがっていると思われる範囲をすべて取り除き、その後取り出した病変に対し顕微鏡による検査(病理検査)を行って、十分に取り切れているかを評価します。細胞レベルで評価するため、CTやPET検査よりも精密に診断することができます。

中には手術前に診断されたステージと、手術後の病理検査によってステージが異なる場合があります。これはCTやPETなどの画像検査には限界があり、実際の病気のひろがりと誤差が出る可能性がある、ということです。

開腹手術のデメリット

手術前にどんなに検査や準備をしても、100%安全な手術はありません。手術や全身麻酔による合併症の危険性はゼロにはなりません。そのため、病院はあらゆる想定をもとに予防や術後の診察を行い、偶発症を早期に発見し迅速に対応するようにしています。

しかし、自分の体のことですからすべて病院任せにせず、自分でも偶発症が起きた場合にすぐ気づけるように、自分の手術ではどんな偶発症が起こりうるのかをきちんと聞いておきましょう。

比較的頻度の高い合併症は以下の通りです。

《手術中もしくは手術直後に起こりうる合併症》

  • 出血:傷口からの出血やおなかの中での出血などがあります
  • 縫合不全:縫い合わせた部分がしっかりくっつかないこと。腹壁やつないだ腸などで起こります
  • 腸閉塞:腸の動きが悪くなったり、つなぎ目が細くなって食べ物の通りが悪くなること
  • 腹腔内膿瘍:おなかの中に膿がたまること
  • 吻合部狭窄:腸のつなぎ目が細くなること
  • 肺炎:全身麻酔時の人工呼吸器などの影響で肺に感染が起きること
  • 下肢深部静脈血栓
  • 肺血栓塞栓症:足の動きが減ることで、足の血管に血栓(血の塊)ができること。もしくはその血栓が肺に飛んで、肺の血管が詰まること
  • 創部感染:手術の傷に感染すること
  • せん妄:手術や入院のストレスなどの原因でおきる意識障害。意味不明な言動や幻覚
  • 幻聴、暴れるといった異常行動がみられる

《長期的後遺症》

  • 腸閉塞:手術から何十年たったのちにも、手術の影響で腸閉塞が起きることがあります
  • 排尿障害(特に直腸がんの場合):尿のたまった感じがわかりにくい、排尿しても尿が全部できらないといった排尿に関連する後遺症が残る場合があります
  • 性機能障害(特に直腸がんの場合):男性では勃起障害や射精障害、女性は膣の乾燥などがおこります

抗がん剤のメリットとデメリット

どんな場合に抗がん剤が選択されるのか

大腸がんの治療で抗がん剤が選択されるのは大きく3つの場合です。

病気のひろがりが手術できる範囲を超えている場合
病気の範囲が広く、手術をしてもすべて取り切れない場合は、手術できる範囲まで病変を小さくする目的で抗がん剤治療が行われます。
手術の結果から再発の危険性があると判断された場合
手術後の病理検査で、手術した範囲以外にもがん細胞が存在している可能性がある場合には、手術後に抗がん剤の治療を勧められることがあります。
再発した場合
ガイドライン的に適切な手術を行っても、のちにがんが再発することがあります。手術した部位は手術の影響で頑丈にくっついてしまっていることが多く、再手術ができないこともよくあります。その場合、抗がん剤治療が選択されます。

抗がん剤治療ができない場合

抗がん剤治療はがん細胞によく効くように改良されていますが、正常な細胞にもダメージを与えます。そのため、体力のない人や肝機能や腎機能が低下している人・骨髄機能障害のある人(血をつくる能力が落ちている人)は効果よりも副作用が強く出る可能性があり、抗がん剤治療を選択することができません。

大腸がんによく使用される抗がん剤

抗がん剤は機序により大きく3つに分類されます。

手細胞障害性抗がん剤
がん細胞の細胞分裂を阻害してがんが大きくなるのを抑える薬です。内服薬であるTS-1、UFT、ゼローダや点滴で投与される5-FU、エルプラット、イリノテカンなどがあります。
手分子標的薬
がんが増殖するときに必要なたんぱく質を妨害することで、がんが大きくなるのを防ぎます。内服薬のスチバーガや点滴で投与されるアバスチン、アービタックス、ベクティビックスなどがあります。
手免疫チェックポイント阻害薬
がん細胞に対する免疫力を上げることでがんを小さくする薬です。キイトルーダなどがあります。

抗がん剤のメリット

抗がん剤は全身に効果を発揮するため、画像検査で見つけることができないごく小さながんに対しても効果を発揮します。

抗がん剤のデメリット

正常な細胞まで効果がおよぶため、吐き気、下痢、口内炎、脱毛といった副作用の症状が現れることがあります。使用する薬によって出現しやすい副作用はわかっているため、あらかじめ副作用が出にくいように予防薬を飲んだりすることもあります。

また、現状では抗がん剤だけで完治を期待することはできません。あくまで抗がん剤は病変を小さくして手術につなげたり、病気の進行を遅らせる目的で行われるものです。

放射線治療のメリットとデメリット

放射線治療は副作用を抑えるため目的の場所にピンポイントに放射線を当てる必要がありますが、大腸はお腹の中であまり固定されていない臓器であり、放射線を目的の位置にあてることは非常に困難です。また、大腸がんで最も多い腺がんは放射線の効果が低いことから、大腸がんに対する放射線療法は一般的ではありません。

ただし、直腸がんは放射線の効果が期待できるため、手術前にがんを小さくしたり、再発の危険性を減らす目的で放射線療法がおこなわれています。

放射線のメリット

治療そのものはじっと寝ているだけで行うことができるので、体力低下や肝機能障害・腎機能障害などがあっても行うことができます。

放射線のデメリット

放射線治療による腸への影響で下痢や頻回な排便、腸閉塞や腸穿孔(腸に穴があくこと)が起きることがあります。また周囲の臓器である膀胱炎や陰部の皮膚炎なども起こりえます。これらの合併症は治療直後に起こることもあれば、数カ月たってから現れることもあります。

ただし、放射線治療の装置は年々進歩しており、複数の方向から放射線を分けてあてるなどして合併症が出にくくなるように工夫がなされています。

その他の治療法

大腸がんの治療はあくまで手術が基本ですが、ほかの病気を持っていたり、体力がない場合などには以下のような治療を検討されることがあります。

血管内治療

血管の中に細い管を入れて一部分に集中的に抗がん剤を流す方法です。大腸そのものの病変は対象になりませんが、肝臓や肺の転移に対して行うことができます。

腹腔内化学療法

腹腔内にがん細胞がばらまかれた状態の場合(がん性腹膜炎や腹水にがん細胞が見つかった場合)、腹腔内に抗がん剤を散布する方法です。

臨床試験

標準的な治療として確立されてはいませんが、理論上大腸がんに効果が期待できる治療を受けることができます。限られた病院で実施されています。

緩和ケア

一昔前、緩和ケアは治療法のないがん患者に対して行われるといったイメージでしたが、最近ではすべてのがん患者において肉体的・精神的サポートを行うために緩和ケアが重要と考えられています。そのため、「あなたには緩和ケアが必要です」と言われても、早とちりして「私はもう治療できないんだ」と思わないでください。

治療が順調に進んでいても、がん患者さんの多くはがんと宣告されたときから様々な不安を持っています。そしてがんによる症状、治療による副作用、治療後の後遺症に悩む方もいます。そのような肉体的・精神的ケアを行うのが現代の緩和ケアです。

「がんと言われて不安だ」「抗がん剤の治療をしているから吐き気くらいは我慢しなければならない」「治療費がどのくらいか心配だ」といったがんにまつわる様々な不安・症状を取り除くのが緩和ケアです。

大腸がんの再発や転移について

大腸がんの再発

結腸がんの再発で最も多いのは肝臓です。これは大腸の血流が一旦肝臓に集められるように流れており、その血流にのってがん細胞が大腸から肝臓に移動するためです。

直腸がんの再発は直腸周辺、肝臓、肺が同じ頻度で起こります。

再発の場合もまずは手術で治療できないかを考えます。手術できる範囲を超えている場合は、体力的に問題がなければ抗がん剤もしくは放射線による治療を行います。

大腸がんの転移

大腸がんの転移先で多いのは肝臓、肺、脳です。転移があったとしても、手術できる範囲であれば手術を検討します。

肝転移があっても手術ができれば手術後の5年生存率は20~50%と報告されています。肺転移の場合も手術ができれば5年生存率は30~50%です。手術ができない場合や部位や個数によっては抗がん剤や放射線治療を検討します。

記事内容の修正に関する報告
経歴:
日本内科学会総合内科専門医/日本消化器内視鏡学会専門医 大学病院・二次救急病院・在宅医療での勤務。現在は医療系記事のライターとして活動し監修歴は4年。