【ニュース】FDAは、RETという遺伝子に変異を認める転移性非小細胞肺癌に対してpralsetinibが承認されました

こんにちは。川森です。

FDAからの速報をお伝えします。

You are subscribed to Oncology Drugs for U.S. Food and Drug Administration. This information has recently been updated, and is now available.

FDA approves pralsetinib for lung cancer with RET gene fusions
Food and Drug Administration granted accelerated approval to pralsetinib (GAVRETOTM, Blueprint Medicines Corporation) for adult patients with metastatic RET fusion-positive non-small cell lung cancer (NSCLC) as detected by an FDA approved test. More information. September 4, 2020.

2020年9月4日付でFDAは、RETという遺伝子に変異を認める転移性非小細胞肺癌に対してpralsetinibが承認されました。

これは、ARROWという多施設のRET変異腫瘍有する患者を集めたコホート研究結果からです。

87人のプラチナ製剤の治療を受けたRET変異のある非小細胞肺癌患者では、57%の患者に効果を認め、効果のあった患者の80%が6ヶ月以上効果が持続している。

また、治療を受けたことがないRET変異のある非小細胞肺癌患者27人では、70%の患者に効果を認め、効果のあった患者の58%が6ヶ月以上効果が持続している。主だった副作用は、GOT, GPTなどの肝機能障害、全身倦怠感、便秘、筋肉痛など。推奨容量は、1日400mg1錠空腹時内服(食後2時間、内服後少なくとも1時間絶食)。

今後日本でもRET遺伝子検査が普及してくれば認可されていく可能性があると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.